あしたばウェブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 親子運動教室にて

<<   作成日時 : 2014/06/07 22:39   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

長野県在住の酒井久美子さんから親子運動教室での様子をお知らせいただきました。酒井さんは長野県諏訪市で親子が一緒に運動できるようなサークルを開催しています。



子どもとしっかり向かい合い、親子で笑顔になるために、どんな関わりや言葉かけをしたらよいか−−−わたしは、親子運動を通して、2−3歳児を持つママ達に伝える活動をしています。

まずママに、「子どもは一人ひとり、みんな性格も感受性も適応力も違って、同じ様に動いてくれないんだよ」と話します。親子運動教室にはじめて来るときには、何をやるのか観察を始める子どもや、不安を感じママに抱っこをせがむ子ども、自分が興味のある所だけ参加する子ども。ママが子どもの気持ちと行動をしっかり受け止める所からスタートします。安心できる空間であることが確認できた子どもは、ママの楽しむ姿や見本を見ながら、自ら動き出し、ママと一緒に思いきり体を動かすことを楽しみます。
 
サークルの中には発達障害の子どもと参加しているママがいます。楽しむポイントの1つに、「お友達とは比較をしない。我が子の中で成長を見つける」をあげています。成長したことを褒めてもらえる子どもは、やる気や自信を付けながら、1つずつできることを増やしていきます。しかし、成長のスピードが遅いことに不安を感じ、辛い表情になってしまう時もあります。諦めず関わり続けるママの思いが届き、「初めてジャンプができました。ボールがとれました」と報告してくれるママの笑顔は誰よりも輝いています。

目と心をはなさず、本気で子どもと関われた自分に満足できたママ。「一緒に楽しんでくれてありがとう」の気持ちと、自己肯定感を高める言葉を子どもに伝え、心と体をぎゅーだっこ。私とも力強いハイタッチ。

また来週、元気で会いましょう!



発達障害の子どもの保護者からは、「運動教室にはぜひ参加したいところですが、なかなか参加できるところがみつからなくて」という話しをよく聞きます。酒井さんは、発達障害の子どもの対応を学ぶために、研修会や勉強会に参加することもあるそうです。こうした活動が地域の中でだんだん広がっていくといいですね。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
発達障害のお子様も一緒に楽しめる運動教室、いいですね!久美子さんの地道な活動応援しています!
まり
2014/06/10 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
教えて、のばす!発達障害をかかえた子ども あしたばの中の関連記事はこちらへ 201109/article_1.html 画像

話すことの原理と療育の紹介、あしたばの中の関連記事はこちらへ 201312/article_3.html

親子運動教室にて あしたばウェブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる